学習方法や言葉と文化の関係等、台湾華語にまつわるあれこれ、たくさんお伝えします!特集記事の解説も、ここでまとめて読めますよ!

※一部のページは、現在移転作業中です。作業が完了するまで、旧サイトをご利用ください。

「注音で学んだ方が発音がきれいになる」って本当?(2)

これから台湾華語を学ぶ人が「ピンインか注音か」で迷っていたら、私は間違いなく「ピンイン」を勧めます。それは、多くの日本人にとって「ピンイン」の方が効率がよいから。

記事を読む

「注音で学んだ方が発音がきれいになる」って本当?(1)

「注音で学んだ方が発音がきれいになる」という言葉を聞いたことがある人もいるかと思いますが、本当に、「注音で学んだ方が発音がきれいになる」のでしょうか?

記事を読む

しばらく

そり舌かどうかが逆になっている例もあります。

記事を読む

手順、段取り

そり舌かどうかの違いが、辞書にも反映されています。

記事を読む

第三声がない?!

中国語のレッスン用教材の例文を台湾人同僚に発音してもらっている時、ちょっとした違和感がありました。

記事を読む