台湾華語
One Point Advice

弊社の台湾華語通信講座を受けてくださっている方からよくある質問や、誤解されやすい点を整理してご紹介します。その背景にある現地の習慣や文化にも触れているので、きっと楽しみながら中国語の仕組みを理解していただけるはず。

検定試験対策にもどうぞ!(レベルの分類は、TOCFLを参考にしています)

明日は雨が降るかもしれない

次の中国語のABからイメージする降水確率は少し違います。さて、日本語の問題文に近いのはどちらでしょうか?

onepoint zhongyi 04

onepoint zhongyi 04 2

【解説】

~かもしれない:也許 yěxǔ

自分の推測を伝える時に、その判断に対する自信の度合いによって、選ぶ言葉が違ってくることがあります。

もし、日本語で「明日は雨が降るかもしれない。」と言われたら、明日の降水確率は何パーセントのような気がするでしょうか?人によって、数値のずれは多少あるかもしれませんが、日本語母語話者なら、50%以下と判断するのは、間違いないでしょう。

では、中国語の方はどうかというと、”可能kěnéng”を使ったAは少なくとも50%以上、”也許”を使ったBは50%以下というのがネイティブの判断です。従って、Aの方は、「明日は雨が降るだろう」という日本語に近いということになります。

「明日雨が降るかどうか」は未来のことなので、それを正しく予測するのは簡単ではありません。だから、様々な情報に基づいて判断した結果を誰かに伝える時には、自分がどの程度自信をもってその判断を下しているのかという情報も、あわせて伝えることが多いのです。

中国語にも日本語にも、次のように、自分の判断に対する自信の度合いを言い分ける方法があります。

onepoint zhongyi 04 3

「明日の降水確率は30%ぐらいだ」だと伝えたい時に、「明日は雨が降るだろう」と言ってしまうと、自分の判断に対する自信の度合いは正しく伝わりません。それは中国語でも注意が必要なことです。

ところが、教科書の例文等を訳してもらうと、”可能”と”也許”に正反対の訳語を当てる人がたくさんいます。単語リストに添えられている英訳の問題なのかもしれませんが、話し手の気持ちや考えを表現するための言葉の使い分けは、実際のコミュニケーションを上手く進められるかどうかにも関わってきます。

できるだけていねいに和訳する練習を繰り返すことで、中国語の表現力もきっと上がります。「何となくわかる」「何となく伝わる」から、ぜひ、もう一歩上を目指してくださいね。

Tocfl popup 768x769 1

台湾華語の公式検定対策用参考書「TOCFL対策のポイント Band A(入門基礎級)」をぜひご利用ください。

TOCFLの公式サイトでもご紹介いただいている教材です。

重要な文型を整理してご紹介していますので、入門段階の簡単な教科書を終えた後の教材としても最適。台湾の中国語を本気で勉強したい方に、ご活用いただければ幸いです。