台湾華語
One Point Advice

弊社の台湾華語通信講座を受けてくださっている方からよくある質問や、誤解されやすい点を整理してご紹介します。その背景にある現地の習慣や文化にも触れているので、きっと楽しみながら中国語の仕組みを理解していただけるはず。

検定試験対策にもどうぞ!(レベルの分類は、TOCFLを参考にしています)

「山上的風景」ってどこの景色?

日本語と中国語で同じ漢字が使われていると、「あ、簡単」と思ってしまいますが、本当にその理解でよいかどうか、ちょっと立ち止まって考えてみましょう。

onepoint vocabularygrammer57 1

【ヒント】「山の頂上」ではありません。

onepoint vocabularygrammer57 2

【解説】

山上shānshàng”の表す範囲は、上の図の通り山全体です。時代華語1の第15課には、以下のような例もあります。

①在山上住了七、八年(山間部に7、8年住んでいた)

この人が住んでいたのは決して山の頂上ではないし、山の奥深いところでもありません。山のふもとの可能性が高いので、日本語にすると「山間部」となります。平地と比較して「山の方」と言っているだけです。次の例と比較してください。

②在山頂上住了七、八年(山頂に7、8年住んでいた)
③在山裡住了七、八年(山の中に7、8年住んでいた)

②は、修行等何か特別な事情がありそうな感じがします。③もわざわざ人里から離れたところで暮らしている感じです。①には、そういった意味合いはありません。

視聴華語2の第1課には、以下のような例もあります。

④到山上去滑雪(山にスキーに行く)

スキー場があるのは、山の中腹ですね。この例からも、”山上shānshàng”が、「山の頂上」を表しているわけではないことがよくわかります。

この”上shàng”の使い方は、「表面」を表す”掛在牆上(壁にかける)” ”貼在門上(ドアに貼る)”の”上”に似ていると考えるとよいでしょう。

”風景fēngjǐng”を修飾する名詞には、”在”の後に置く名詞と同様、場所詞がよく使われます。つまり、”山上的風景”の”上”を省略して”×山的風景”と言うことはできないのです。以下の例も参考にしてください。(場所詞を作る”上”についての説明はこちら

⑤海邊的風景(海の景色)/×海的風景
⑥湖邊的風景(湖の景色)/×湖的風景

日本語と中国語で同じ漢字が使われている時に、そのずれに気づくのは簡単なことではありませんが、④のような例には、「”山上shānshàng”は、『山の頂上』ではない」と気づくヒントが隠れています。例文をていねいに和訳する練習を続けることで、そのヒントもきっと見つかりやすくなるのではないかと思います

台湾華語の公式検定対策用参考書「TOCFL対策のポイント Band A(入門基礎級)」をぜひご利用ください。

TOCFLの公式サイトでもご紹介いただいている教材です。

重要な文型を整理してご紹介していますので、入門段階の簡単な教科書を終えた後の教材としても最適。台湾の中国語を本気で勉強したい方に、ご活用いただければ幸いです。