tamari

ライター:たまり

台湾華語と台湾語の波間を漂う日本人。
ブログ「台湾語がちょびっと話せるよ!」で、たまりワールド炸裂中!

出包:「華語+台湾語」ミックス系語彙の代表選手

 

chubao


chūbāo
トラブルが起きる、失敗する、トラブル


 

台湾のドラマや新聞などでよーく見かけ、文脈から意味も何となくわかるけど、中国語の辞書にも台湾語の辞書にも載ってなーい。じゃあいったい何なのよ、キーーーッ。となる言葉が台湾にはけっこうあります。この“出包”もその一つ。実はこれ、半分台湾語半分中国語という「ハーフ&ハーフ系」のスラングなんです。

もとになった台湾語は、“掠包lia̍h-pau リャーバウ )”。悪事を見つける、告発するという意味です。この“”が単独で「悪事や間違い、失敗、トラブル」として取り出され、それが起きるということで華語の“(chū)”が組み合わされて…。で、“”(トラブルが起きる、失敗する)となったらしいのですが、現在は「トラブル」という意味の名詞的な使い方も多いです。

とにかく、あまりにも頻繁に使われているので、スラングハンターたまりもスルーしがち。だから記録している例もあまり多くないのですが、いくつかご紹介します。

(1)2022年の台湾ドラマ『正義的算法(正義の法則)』第2話、19分50秒。

裁判でやらかしてしまった主人公、劉浪がボスに対して

我第一次出 你就讓我死
(たった一回の失敗でクビにするんすか)

 

(2)台湾ドラマ『三明治女孩的逆襲(サンドイッチガールの逆襲)』でも。

このドラマ、好き嫌いがわかれるようですが、私は大好きでした。スラングも台湾語もバンバン出てきます。日本版第11話の18分30秒くらい、主人公の蘇筱青(シャオチン)がイケメン大家さん瞿子峻(ズージュン)に仕事を頼むシーン。

本來拍好的照片出
(もともと撮ってた写真にトラブルがあって)

日本語字幕ではこの“” は特に訳されておらず、「通販サイトの写真を撮り直さなきゃならないの」になっています。

 

(3)自由時報からも一つ。ちょっと前の記事です。

chubao

陳奕迅開唱頻出 幽默自嘲化解尷尬
(イーソンチャン、歌い出しからトラブル続出。自虐のユーモアで乗り切った)

という感じでしょうか。

※“”は台湾の《兩岸詞典》には「台湾独特の語彙」として掲載されています。