tamari

ライター:たまり

台湾華語と台湾語の波間を漂う日本人。
ブログ「台湾語がちょびっと話せるよ!」で、たまりワールド炸裂中!

喬:辞書を引いても解決しない時は

qiao

qiáotshiâu チアオ
調整する、是正する


 

華語の辞書を引いても「調整する」という意味が書いてないのは、実はこれは台湾語だからです。はただの当て字で、「台湾語音訳系語彙」の一つになります。元の台湾語は(tshiâu チアオ)。ずらして調整する、正しい位置に戻すといった意味です。でも漢字が難しいからか似た音の華語qiáoが使われ、華語読みされることが多いのです。時には注音符号で「ㄑㄧㄠ」と表されることも。

 

台湾ドラマと台湾映画に出てきた例をいくつかご紹介します。

(1)オムニバス台湾ドラマ『滾石愛情故事』のエピソード1、《愛情》。開始15分15秒くらい。

二人でバイクを駐輪場に停めようとするんですが、場所が一人分しか空いていません。男前の呉慷仁さん、楊丞琳ちゃんに「僕は他のバイク動かして場所作って入れるから、きみがここに停めていいよ」と言っています。

実際のセリフはこちら↓

qiao1

我來喬 我來喬
(僕が場所作るから)

 

(2)台湾ドラマ『鑑識英雄 2』の第4集。林sirのセリフです。

部下にお願いしたいことがあると頼まれて、こういうふうに答えています。

 

qiao2

OK 我會喬時間
(わかった、時間を調整するよ)

 

(3)日本の映画館で台湾映画『情非得已之生存之道(ビバ!監督人生)』(鈕承澤監督/2007年)を見ていたときにも気づきました。

你喬一喬(ちょっと調整してみて)のような使われ方でしたが、日本語字幕で見たので表記がなのか「ㄑㄧㄠ」なのかはわかりません。確認したくて台湾版DVDをネットで探してみたけど現在在庫なし。わかる方がいらっしゃったら教えてください!