俗女養成記
想見你
用九柑仔店
最佳利益
前男友不是人
麻醉風暴

台湾ドラマで中国語

稍息立正我愛你(7)/「好きになる」を言い分ける

ドラマのセリフでは、ちょっとした言い回しの違いが、登場人物の複雑な心境を象徴していることもあります。例えばこのセリフ。

shaoxi8

(画像はLINE TVからお借りしました)

趕快找一個人來喜歡
さっさと誰かみつけて好きになる

上手くいかない恋を諦めるためには、こうするのがいいと、友達から勧められました。

ポイントは、その友達のセリフにもあったこの言い回しです。

來喜歡(自分から積極的に好きになる)

「來+動詞」の「來」は、自分から積極的に何かをしようとしている気持ちを表します。典型的なのはこんな使い方。後ろに来るのは、普通、自分の意志で行う動作です。

我來拿吧!(私が持ちますよ)
我來收拾(私が片付けます)

「我來」だけで「私がします」という意味にもなりますね。

 


同じ「好きになる」でも、自然にそんな気持ちになる時は「喜歡上」です。こっちが普通。ところが、このセリフでは、本来自分の意志とは関係ない「喜歡」に「來」がついているので、「自分の意志で好きになる」というちょっと不自然な感じが出てしまうのです。

積極的に誰かを好きになるというのは、本当は不自然なことだけど試してみる。

そんな気持ちがこの「來」に込められています。「找一個人來喜歡」は、場面によって、「暇つぶしにちょっと恋でもしてみようか」という軽い意味になってしまうこともあります。いずれにしても、本気の恋には使わない言い回しです。

 


諦めないきれない恋心に区切りをつけたい時には、同じ「來+動詞」を使ってこう言ったりもします。

找個缺點來討厭
(悪いところを探して嫌いになる)

「自分から積極的に」嫌いになるのです。

 


間違っても、本当に好きな人に「我來喜歡你」なんて使わないでくださいね。あなたの本気度を疑われてしまいますよ。

(2018.3.5)

 


邦題:アテンションLOVE

2017年にヒットした学園ドラマです。邦題や日本語のPR画像だけ見ると子供っぽいような印象も受けるので、ちょっと敬遠する人もいるかもしれませんが、実際に見ると大人でも結構楽しめる作品でした。特に、あちこちに散りばめられている言葉遊びの背景がわかれば、ストーリーも中国語の面白さも、何倍も楽しめる気がします。