台湾華語って どんな言葉?

台湾留学で学ぶ中国語について、中国の中国語との関係、台湾語との違い等、基本の基本から解説します。

台湾の学校では、北京語をベースとした中国語「華語」が使われています。この「華語」の発音・語彙・文法の大部分は、中国の標準語である「普通話」と同じ。

外国人が台湾に留学して学ぶ中国語も、原則としてこの言葉です。

一部の発音や単語は、「普通話」と異なりますが、その差は、中国国内の方言差と比べると、むしろ小さいかもしれません。

台湾で学んだ中国語は、中国でもほとんど通じます。
中国で学んだ中国語は、台湾でもほとんど通じます。

 

では、実際にどんな教材が使われているの?
日本の漢字や中国の「普通話」との関係がどうなっているの?

そんなことが気になる方のために、台湾の中国語について、基本の基本から解説した動画を作成しました。

日本に観光や仕事、勉強等で来てくださる方が使われる中国語には、様々なバリエーションがあります。だから、日本には、日本や中国で学ぶ「普通話」ができる人も必要だし、台湾で学ぶ「華語」ができる人も必要なはず。でも、今の日本で中国語が学べるところを探そうとしたら、残念ながら中国の「普通話」が大半になってしまいます。

中国の中国語に比べると、少し学びにくい「台湾華語」。でも、だからこそ、それをていねいに学び、きちんと身に着けることができたら、それはきっと他の人とは違う強みになります。

言葉の学習を通して、文化や価値観の異なる様々な外国の方と、しっかりコミュニケーションするための力と自信を得ることができれば、仕事や趣味、ボランティアでの活躍の場面もきっと広がります。

PAPAGO遊学村は、そんな外国語学習の魅力を、台湾華語に関する様々な情報発信をすることで、皆様にお伝えできればと考えています。