台湾語学留学の魅力

un tit bg 03

日本語の通じない環境で 中国語・英語学習

でも、台湾なら滞在は快適!

qilou

日本から3時間程度のフライトで到着する台湾には、南国フルーツや下町グルメ、親日家の人たち、治安の良さ等、旅行先としての魅力がたっぷりあります。でも、台湾の魅力は、もちろんそれだけではありません。

世界中でたくさんの人が使っている中国語を、しっかり学べる場所でもあるのです。

台湾で使われている中国語は、北京語を基礎としているという点では、中国の標準語(普通話)と同じですが、政治的・文化的な背景の違いによって、今では少しだけ違いも生まれています。

一番よく知られているのは、独自の略字である「簡体字」が使われている中国に対し、台湾では伝統的な「繁体字」が使われているという点でしょうか。

「繁体字」は、長い歴史をもつ漢字文化の継承という意味では、とても大切な役割を果たすものです。
「台湾で中国語を学ぶ」ということは、そういった漢字文化の伝統をしっかり学ぶということでもあります。

「日本では、これまで簡体字で勉強してきたけど、大丈夫?」

と心配される方も時々いらっしゃいますが、台湾の先生方も、そこはプロ。
そういった世界の流れをちゃんと理解した上で、繁体字を使った中国語の伝承にプライドと使命をもち、その学び方をしっかり教えてくださいます。

発音も、中国と同じピンインを使って練習するのが基本。
だから、日本で中国語の学習経験がある方も、ゼロから中国語を始める方も、安心して勉強していただけます。

そして、最近増えているのが、「台湾で英語を学びたい」というお問い合わせ。
英語教育に力を入れている台湾の、日本語の全く通じない教室で英語を学ぶというスタイルが、注目され始めているのです。
午前中は中国語、午後は英語のような二カ国語留学プランが組めるのも、台湾の魅力です。

「日本語の通じない環境で、中国語や英語をしっかり学びたい!でも滞在中はグルメも観光も楽しみたい!」そんな欲張りプランも、きっと実現できます。

PAPAGOのスタッフが台湾でお待ちしております。

ぜひ、台湾にお越しください。