語学学校一覧

台湾で中国語 ・ 英語を学ぼう!

台湾師範大学中国語センター

1946年に設立された国立台湾師範大学は、歴史と実績のある台湾でトップクラスの教育大学です。中等教育課程の教師の育成を主としていますが、毎年沢山の留学生を受け入れていることでも有名です。中国語の教科書も、多数編纂しています。

この大学が1956年に外国人に対する中国語教育を目的として設置したのが、国語教学中心(Mandarin Training Center)と呼ばれる中国語センターです。既に60年の歴史がある台湾でもっとも古い語学学校です。センターは師範大学メインキャンパス内にありMRT「古亭」駅から徒歩7分ほどの交通が便利な場所にあります。大学の周りには飲食店が立ち並び、日本人にも人気の観光スポットの師大夜市は目の前で、センターは門を入るとすぐに見える博愛ビルの5階から10階に設けられています。目の前には大きな図書館があり、留学生はここを利用することができます。日本人の学生が比較的多いので、困った時に助け合える安心感を望む方に向いています。

センターの事務所はとても綺麗で、日本語ができるスタッフもいるので、中国語に不安のある方でも問題なくコミュニケーションが取れます。
授業はグループレッスン、個人レッスン、オンラインレッスンと多種多様なニーズに対応しています。

グループレッスンは少人数制で、レベルや進度によって多様なクラスが開講されているので、自分に合ったクラスが選びやすいのが魅力です。

語学センター概要
正式名称 臺灣師範大學國語教學中心
サイト http://www.mtc.ntnu.edu.tw/
住所 10610臺北市大安區和平東路一段162號
最寄駅 MRT「古亭駅」又は「台電大楼駅」より徒歩約7分
開設年 1956年
学期 春(3月―5月)、夏(6月―8月)、秋(9月―11月)、冬(12月―2月)