台湾PAPAGO会は、PAPAGOのサポートを利用して台湾に進学された方や、台湾留学中にPAPAGOでインターンをしてくださった方など、台湾留学でPAPAGOとご縁のあった方のグループです。

先輩たちの近況をお届けします!

一度きりの人生は、挑戦し続けよう!

先輩たちは、台湾留学の経験を、卒業後どんな風に生かしているのか、気になりませんか?

以前PAPAGOでインターンをしていたちぇんちゃーさんが、「台湾留学のその後」をまとめてくださいました!

17017


こんにちは。PAPAGOの元インターン生のちぇんちゃーと申します。
私は、2017年2月~2018年1月まで台北の大学へ留学していました。

台湾留学から帰国した年は大学4年次の年でした。
その年は、離島に関わる卒業論文執筆のため、初めての離島に数日間滞在し、関係者へインタビューを行う傍ら、観光もちゃっかりして、離島を満喫していました。(笑)

また、コロナ禍前でしたので、就職活動のため東京に何度も足を運びました。
就職活動中も東京で一番好きな浅草の近くのホテルに泊まって、朝晩浅草寺に癒されたり(笑)と、何だかんだ大変なときでも、「楽しむこと」を忘れないで、生きてきたなぁと思います。

就職活動が終わってからは、地元の観光地でアルバイトをしていました。
中華圏からいらっしゃる観光客も多く、中国語で接客する機会も多かったです。周りに比べると得意となる中国語を活かすことができたのは、自分の自信にもつながり、私にとってとても良い経験となりました。

17018 17016

大学卒業後は、コンサル会社に就職しました。入社してから2年間は、本社がある九州で初めての一人暮らしを経験しました。
休日は掃除や洗濯、料理をするので丸々一日が潰れちゃって、家事って大変だな~と常々実感していましたが、部屋を自分の好きなようにしたり、華金は一人で贅沢?ディナー(ビールにたこ焼き)をしたりと、とても楽しかったです!(笑)
2年間で九州全て周ることができたのも、良かったです。九州は、美味しい食べ物や温泉、自然がたくさんあって、物凄く住みやすくて良いところでした!

現在は、地元の事務所に異動してきて2年目になりました。実は最近、新しく挑戦したいことができたので、それに向けて動き始めたところです!思い返すと、大学時代に台湾留学やインターン等、新しいことを始めるときはいつもワクワクしていて、何か新しいことを始めて後悔したことは一度もなかったな、と思います。

20代後半の私、今だからこそできることがあると思います。
これからも挑戦することを躊躇せず、楽しみながら生活していきたいと思います(^_^)★

 

【ライター】

ちぇんちゃー(日本人インターン卒業生、女性、来年はオーロラを観に行きたい!)