台湾の大学に進学する方へ

多くの大学が留学生入試の合否を発表する4月~7月は、進学先が決まりこれからの台湾での学生生活に期待しながら、一方で「授業についていけるのだろうか」「台湾での暮らしに馴染めるのだろうか」と不安を感じている方も多いのではないかと思います。そういった不安を少しでも和らげるために、合格から9月の入学までにぜひしていただきたいことをシリーズでご紹介します。

zhuyin1 b3

注音符号を覚える

台湾人の友達ができて、中国語を教えてもらおうとしたら、注音符号の読み書きができる方が絶対楽しい。

また、スマホやPCの入力も、この注音符号を使う人がほとんど。そのため、大学でPCの使い方を学ぶ授業でも、注音入力が原則なのです。

9月の入学までにこの注音符号を覚えておけば、台湾での生活でも勉強でも、きっとずいぶん役立ちます。

詳しくはこちら

専門分野の日本語の本を集める

「授業についていけるだろうか」という不安を和らげる一番いい方法は、できるだけ準備をしておくこと。

中国語の力を、入学までにしっかり上げておくことももちろん大切ですが、それに加えて、これから自分が学ぶ専門分野について「日本語」で書かれた入門書を勉強しておくのも役に立ちます。

詳しくはこちら
shu b

台湾のことを知る

台湾についての基礎知識があるかないかで、入学後の四年間で得られることもきっとずいぶん違うはず。

台湾関連の本はたくさんありますが、ここではジャンルの違う以下の三冊をお勧めしたいと思います。

詳しくはこちら
luqu pc

パソコンの基本操作を覚える

大学に入ると、レポート作成や調べものでパソコンを利用する機会が増えます。また、履修登録等の手続きの中にはパソコンで操作することを求められるものもあります。そのための準備として、入学までにパソコンの操作について、基本的なことができるようになっておくことも大切です。

これを、日本の大学に進学する人よりも、もっと差し迫った課題として重視して欲しいと言うのには、実は理由があります。

詳しくはこちら
riwen

日本語を鍛える

留学すると、現地の言葉を効率よく学ぶことができます。台湾なら中国語。学科や環境によっては、英語も日本にいる時より使う機会がずっと増えるでしょう。

でも、留学すればいいことばかりしかないかというと、もちろんそんなはずはありません。では、高校を卒業してすぐに留学する人にとって、デメリットとはどんなことなのでしょうか。そのひとつは、日本語力を鍛える機会が減るということです。

詳しくはこちら
zhuyin1_b

注音符号を覚える

台湾人の友達ができて、中国語を教えてもらおうとしたら、注音符号の読み書きができる方が絶対楽しい。

また、スマホやPCの入力も、この注音符号を使う人がほとんど。そのため、大学でPCの使い方を学ぶ授業でも、注音入力が原則なのです。

9月の入学までにこの注音符号を覚えておけば、台湾での生活でも勉強でも、きっとずいぶん役立ちます。

詳しくはこちら
dongwubixiu_2

専門分野の日本語の本を集める

「授業についていけるだろうか」という不安を和らげる一番いい方法は、できるだけ準備をしておくこと。

中国語の力を、入学までにしっかり上げておくことももちろん大切ですが、それに加えて、これから自分が学ぶ専門分野について「日本語」で書かれた入門書を勉強しておくのも役に立ちます。

詳しくはこちら
shu_b

台湾のことを知る

台湾についての基礎知識があるかないかで、入学後の四年間で得られることもきっとずいぶん違うはず。

台湾関連の本はたくさんありますが、ここではジャンルの違う以下の三冊をお勧めしたいと思います。

詳しくはこちら
pc_b

パソコンの基本操作を覚える

大学に入ると、レポート作成や調べものでパソコンを利用する機会が増えます。また、履修登録等の手続きの中にはパソコンで操作することを求められるものもあります。そのための準備として、入学までにパソコンの操作について、基本的なことができるようになっておくことも大切です。

これを、日本の大学に進学する人よりも、もっと差し迫った課題として重視して欲しいと言うのには、実は理由があります。

詳しくはこちら
riwen

日本語を鍛える

留学すると、現地の言葉を効率よく学ぶことができます。台湾なら中国語。学科や環境によっては、英語も日本にいる時より使う機会がずっと増えるでしょう。

でも、留学すればいいことばかりしかないかというと、もちろんそんなはずはありません。では、高校を卒業してすぐに留学する人にとって、デメリットとはどんなことなのでしょうか。そのひとつは、日本語力を鍛える機会が減るということです。

詳しくはこちら