台湾の大学での学び方講座

スタディ・スキル+PC操作の基礎

できる準備は、入学までにすませておこう!

留学生入試の合格発表が集中する春から夏にかけての時期は、入学先が決まりほっとしながらも、9月から始まる授業についていけるのだろうかと不安を感じる人も多いかもしれませんね。

その不安を和らげるための一番いい方法は、できることは今から準備をしておくということです!

今日本の大学では、大学の授業に適応するための様々なノウハウを学べる新入生向けの授業が開講されています。その中心となるのが、スタディ・スキル(授業の受け方、レポートの書き方、プレゼンテーションの方法等)と 情報リテラシー(PCやネットの利用方法等)。

台湾の大学でも、似たような科目やサポートはありますが、入学してくる学生の背景が日本とは違うため、入学当初はその仕組みに慣れずに苦労する人もいるかもしれません。

また、台湾では、小学校からパソコンを利用した授業が積極的に導入されており、日頃からパソコンを使うことに慣れ親んだ生活を送っている学生も多数います。そのため、大学では、パソコン操作のスキルが一定以上あるという前提で授業が行われ、効率的な情報収集と整理、WordやPowerPoint等を使って資料をまとめる力が問われることになります。

そこで、PAPAGO遊学村では、台湾の大学に進学する日本人の方向けに、スタディ・スキルとパソコン操作の基本を学んでいただくための講座をご用意しました。これから台湾の大学への入学を控えている方に、ぜひ受講していただきたいカリキュラムです。

講座の特徴

  • 台湾人講師と日本人講師が協力して教材や講座内容を厳選しているので、日本の高校から台湾の大学へ進学する際に必要なことが集中的に学べる。
  • 大学での学び方やパソコン操作の基本を学びながら、関連する中国語もマスターできる。(入学後すぐ使える用語集プレゼント!)
  • 日本語の堪能な台湾人講師が担当するので、台湾の大学の仕組みについてわからないことを直接日本語で質問できる。
  • 個人レッスンなので、受講生の方の基礎力に合わせて内容を弾力的に調整できる。
  • オンラインレッスンなので、ご自宅でも受講可能。

※授業の際には、ご自身でパソコンを操作して頂きますのでご準備をお願いします。

詳細は、お気軽にお問い合わせください。