upre 01 img

大学・大学院進学

準備スケジュールと合否判定のポイント

un tit bg 03

出願スケジュール

例1:国立台湾大学

国立大学の出願スケジュールは、ここ数年大きな変更が続いています。特に、難関校として知られる台湾大学、政治大学、師範大学でその動きが目立っており、出願締切りが早くなったり、第1期と第2期の出願可能な学科が変更されたりしましたので、この三大学への出願を考えている方は、できるだけ早めに準備を進めましょう。

中国語だけでなく、英語の検定資格も重視されます。入学後、英語で書かれた教科書を使う授業もありますので、募集要項で必須書類として指定されていない場合でも、高いレベルの資格があれば加点要素となります。早めに受験計画を立てて対策を始めましょう。

他の国立大学も、この三大学の動きを見ながら、今後、出願スケジュールを調整する可能性があります。

なお、台湾大学1期の場合は、以下のようなスケジュールになりますが、2期の場合は、この図よりそれぞれ2か月半ほど後になると考えてください。
syutugannnomeyasu1 2023

国立台湾大学 進学準備スケジュール (2023年秋入学/第1期の場合)

2020年~2021年1月
中国語学習開始
高校卒業の年の秋に国立難関校入学を目指す場合は、できるだけ高校2年生の冬休みぐらいまでには、中国語学習を始めましょう。PAPAGOの通信講座なら、高校に通いながらでも、確実に力をつけることができます。
up timeline 01
2020年~2021年1月
up timeline 02
2022年7月頃
出願先学科確定
夏休み前に出願先を確定することで、受験生にとって大切な夏休みを有意義に過ごすことができます。
PAPAGOの学科選びサポートでは、出願候補となる学科のリストをお作りし、大学・学科の特徴を詳しくご説明した上で、一緒に出願の作戦を立てています。
2022年7月頃
2022年7月下旬~8月
中国語夏休み特訓
日本の大学に進学するクラスメイトも、受験勉強に取り組んでいる高3の夏休み。台湾への進学を目指す方は、中国語学習が受験勉強だと考えて、1か月間で大幅なレベルアップを目指しましょう。 PAPAGOの通信講座では、求められるTOCFLレベルに合わせて、レッスンや宿題の内容・量、受講スケジュール等を調整し、志望学科合格のための取り組み方を指導しています。
up timeline 03
2022年7月下旬~8月
up timeline 04
2022年8月1日
自己PR・学習計画書(日本語)作成開始
合否判定の時に重視される書類です。PAPAGOの出願サポートでは、何度もやりとりしながら、まず日本語で内容をまとめていただきます。書いているうちに、ご自身の志望動機を深く考えることができますので、その過程で、万一志望大学や学科を変更したくなった場合も、この時期ならまだ間に合います。
2022年8月1日
2022年8月29日
TOCFL受験
台湾大学1期の出願に使えるのは、原則として、この回の成績表までと考えてください。(これまで毎年、10月初めに東京だけで試験が行われていますが、2022年に実施されるかどうかは未定です)
up timeline 05
2022年8月29日
up timeline 06
2022年10月後半
自己PR・学習計画書(中国語or英語)作成開始
PAPAGOの出願サポートでは、アドバイスはたくさんしますが、できるだけ自分の力で書いていただくことを大切にしています。中国語や英語の文法の間違いが少しぐらいあっても、その方が読んでくださる先生方に好印象を与えることができるから。面接がある場合にも、自分で書いたことのある内容なら、上手く伝えられるはずです。
2022年10月後半
2022年11月
その他の出願書類の準備
成績表や推薦状等、必要書類を揃えます。学科によって求められる書類が異なることもありますので、注意してください。PAPAGOの出願サポートでは、必要書類を一覧表にしてお渡しした上で、注意点等を細かくご説明しています。英語の検定資格取得も忘れずに。
up timeline 07
2022年11月
up timeline 08
2022年12月5日
第1期出願期限
オンラインで書類を提出します。PAPAGOの出願サポートでは、出願手続きも代行しますので、書類の不備等の心配もありません。
2022年12月5日
2022年12月後半
面接(実施される学科の場合)
面接の通知が来てから面接日まで、あまり時間がありませんので、面接のある学科に出願する方は、早めに準備を始めてください。PAPAGOの出願サポートでは、面接対策も指導しています。
up timeline 09
2022年12月後半
up timeline 10 3
2023年1月17日
第1期合格発表
オンラインで合否を確認します。合格した学科に進学するかどうかの意思表示をお忘れなく。
2023年1月17日
2023年2月20日
第2期出願期限
残念ながら1期で合格しなかった場合でも、学科によっては、もう一度出願のチャンスがあります。その場合に備えて、TOCFLや英語の検定試験対策は続けておきましょう。
up timeline 11
2023年2月20日
up timeline 12
2023年7月~8月
渡航準備
入学許可書が届いたら、ビザ申請、航空券の予約等、渡航の準備を始めましょう。多くの大学で8月から始まる履修登録の手続きサポートや、パソコンの使い方・台湾の大学での受講時の注意等を学ぶ「台湾の大学での学び方講座」も好評です。一人暮らしのアパートやマンション住まいをご希望の方は、PAPAGOのお部屋探しサポートもぜひご利用ください。
2023年7月~8月
2023年9月
入学
いよいよ台湾での大学生活が始まります。台北のオフィスでは、出願準備の段階から何度もやりとりしているスタッフが、皆様をお待ちしておりますので、安心して台湾においでください。口座開設のサポート等、現地に拠点のあるPAPAGOならではサポートメニューもたくさんあります。お困りの時も、そうでない時も、PAPAGOのオフィスにぜひおいでください。
up timeline 13
2023年9月

合否判定のポイント

upre 03 img