保護者・大西由紀子様

(大西優羽様のお母様)

 

S 93552679 300x169 1の度出願した三校とも合格をいただき、そのうち一校は奨学金付きの合格をいただけたということで、家族みんなで彼女の頑張りを誇りに思っております。また、非常に親身に、そして丁寧にご指導くださったPAPAGOさんの田中先生を始め、黄さん、劉さん、その他サポート頂いた皆様に日本より心から御礼を申し上げます。

まず、1)台湾進学を考えるまでの経緯、2)中国語のレッスンやサポートについてお話できればと思います。台湾への進学をご検討されている保護者の方に何かご参考になれば幸いです。

1)台湾進学を考えるまでの経緯
娘には海外の大学を選択肢の一つに入れたら?と以前より勧めておりましたが、行先については治安も比較的よく、物価も日本より安いマレーシアを勧めておりました。しかし、高校2年生頃まではあまり私の言うことは聞かず、国内の大学を複数校あげていました。高2の夏に何校かオープンキャンパスに行き、自分が行くことになる大学を模索し始めた彼女でしたが、なかなか定まりません。そうこうしているうちに高校3年生となったある日、私に「日本に行きたいと思える大学がないんだけどどうしたらいい?」と言ってきたのです。

私はやった!と思いながら、海外を勧めました。彼女の語学力、今までの英語スピーチコンテストやアメリカへの交換留学の経験を踏まえ、英語でのコミュニケーション力をより伸ばすには、日本にいてはその能力が「伸びない」と思ったからです。英語をしっかり学べる大学に行っても、日常使っているのはほぼ日本語です。一日の生活の中で英語を学び話す時間が日本でどれほどとれるでしょうか?親として子どもの願いである「いろんな言語を話せるようになりたい」という目標を叶えるためには、寂しい思いや不安も少なからずありますが、若いころのチャレンジに対して背中を押して応援してあげることが一番いいのではないかと考えたのです。

もともと中国語に興味があった彼女は海外進学先に中国を提案してきました。さすがに親としては政治的な面、環境面でかなり不安があったため、こちらからは香港や台湾を提案していました。香港もちょうど政治的に武力衝突もあった頃、一方で台湾のコロナ対応の素晴らしさをニュースで知り、また国を挙げてバイリンガル化を勧めるという取り組みにもとても感銘を受けました。親日の国という点も親としては大切な娘を送り出す場としては安心だなと思い、進学先を台湾にすることに決めました。高校3年生のGW頃のことです。

それから彼女は父親にどうして自分が国内ではなく海外に行きたいのかを伝えるために、金銭的なことや計画をまとめ、説得し、その結果助けてくださるエージェントさんを探すことになりました。自分で電話をかけ、話をし、その内容や印象でPAPAGOさんに決定。私たち親も不安もありましたが、娘が探しお世話になりたいと思ったその考えを尊重して、サポートをお願いすることとなりました。

初めてZoomでお話をさせていただいた時に、「ここなら安心だ」と直感でそう感じました。田中先生のキャリアやご実績、他の先生方の優しくフレンドリーな印象がとても安心できました。しっかりこちらの思いを聞き取り、それに合った学校を提案してくださるのはもちろん、娘の考えを尊重した上でより詳しいアドバイスを頂ける点にとても安心感を覚えました。

「より質の高い中国語を使って頂けるよう、指導陣や指導内容には自信をもってお届けしております」という言葉からも、PAPAGOさんの目指しておられるところがこちらの願いとも重なりました。もうそこからは私たち親は見守るのみ。安心して彼女へのサポートをお任せして今に至ります。

2)中国語のレッスンやサポート
当初は全く初めてのところからの中国語学習のスタートだったため、ある程度条件を満たすまでの語学力習得には時間がかかるであろうという事に加え、コロナの感染も拡大傾向にあり、海外への渡航が非常に難しいという状況もあったため、高校卒業後すぐの秋入学(2021年度入学)は諦め、少しゆっくり準備をしようかという話でした。ただ、6月頃から始めた中国語が半年ほどでTOCFLのレベル3まで取得できたため、田中先生より「奨学金申請が可能なレベルに達していますので出願されてみますか?」というアドバイスをいただき、急きょ出願に向けて動きました。

レッスンでは正しい発音の仕方や語彙を徹底的に教わっているようです。YouTubeやオンライン教材を上手く使った課題もたくさんあるため大変そうですが、現地でのコミュニケーションには力をたくさんつけてつけすぎることはないと思います。

また学習の最中でのメッセージのやり取りでは、発音面を特に褒めてくださり、「これまでに教えた数千人の学生さんの中でもトップクラスです。教えたことを丁寧に実践してくださっている様子が伝わり、こちらももっと鍛えてあげたいという意欲がわいてきます。」と非常に嬉しいお言葉も頂き、我が子と共に喜び、より中国語学習への意欲を育てて頂きました。

熱意に溢れた手厚いサポートはPAPAGOさんの大きな特徴です。ここは親としてはエージェントさん選びでは大切にしたいポイントですし、そのサポートがあったからこその娘の合格だと思っております。

一つ一つの事務的な連絡事項についても日本語の堪能なスタッフの方々から丁寧なメッセージが送られてきます。学ぶ本人はもちろんのこと、私たち親への懇切丁寧な対応は非常に有難く心強く感じました。

まだコロナの感染拡大が懸念される中ですので、なかなか入学に向けての準備は思うようには進みませんが、逆に様子を見ながら渡航準備、入学準備をゆっくりできるため、共働きの我が家にとってはいろいろ時間に余裕のある方がいいのかなとも思っております。そんな中ですので、まだまだ中国語の学習は変わらず続けることができております。

大学入学に向けてのサポートも充実しているようです。入学後のサポートもPAPAGOさんのサービスをいくつか利用する予定です。

台湾に進学をご検討されている保護者様には、PAPAGOさんでの中国語のレッスンと進学サポートを強くお勧めいたします。